大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • 対GW戦講評(関東学生クラブ選手権初戦 兼 定期戦)

J.S.K.S.増刊号

対GW戦講評(関東学生クラブ選手権初戦 兼 定期戦)

投稿日時:2019/09/21(土) 18:05

皆様、大変お世話になっております。1年の竹原です。

本日は9月15日に拓殖大学Gで行われた、関東学生クラブ選手権初戦のGW戦の講評を書かせて頂きます。



前半10ー19
後半0ー10
合計10ー29というスコアで敗北という結果になりました。

先制をGWに許し、その後もFB竹野のトライやペナルティーキックからのラインアウトモールでのHO山本のトライで10点を返すも、GWの素早いパス回しにBKSのDFラインが対応しきれず、最後まで逆転すること無く試合を終えました。

JSはトライチャンスがいくつかあったものの最後まで取りきることが出来ませんでした。

また、スクラムでは僕自身の左PRとしての経験が足りず、相手に優位な姿勢をとられ、全て押し込まれるという不甲斐ないプレーをしてしまい、非常に責任を感じています。

JSの強みであるFWを活かしきれなかったのは痛かったですが、モールではどのチームにも負けない志木高メソッドがあるので、明日のMR戦以降、トライを取りきる部分でのこだわりを大切にしたいと思います。



ここまでお読みくださりありがとうございました。これからも応援の程、よろしくお願い致します。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:対GW戦講評(関東学生クラブ選手権初戦 兼 定期戦)

(ブログタイトル:JSKS RFC 増刊号)

 

<< 2019年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログテーマ